マーケット指標で振り返る2017年④~日経平均VI~




2018年のマーケットが始まったけど、引き続き2017年マーケットの振り返り。
第4回は日経平均VI編。

ちなみにVIはボラティリティー・インデックスの略。詳細はコチラ(本家HP)



マーケット指標で振り返る2017年~前回記事~

マーケット指標で振り返る2017年①~騰落レシオ編~

マーケット指標で振り返る2017年②~日経平均EPS&PER編~

マーケット指標で振り返る2017年③~信用評価損益編~

2017年日経平均&VIの推移

【2017年日経平均VI】
・前期末:21.17
・当期末:16.03

・平均:16.28
・最小:12.19
・最大:23.03

平均や最小は良いとして、最大が23.03というのは例年にない低さ。
他の年と比較してみると・・・、

(参考)2013年~2017年日経平均&VIの推移

2013年以降の推移は↑こんな感じで、各年の最大値を抽出すると↓以下のようになります。

【2013年~2017年日経平均VI(年間最大値)】
・2013年:46.19
・2014年:33.21
・2015年:47.01
・2016年:49.84
・2017年:23.03

改めてVIの年間最大が23というのはあり得ない低さであり、確率的には2018年はVIが40を超えるような下げが来る可能性のほうが高いと考えて、過ごす必要があると思います。

この記事を見た人は10分以内にバナーをクリックしてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です。
↓↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です