6164太陽工機 2017年度3Q決算分析




11/8(水)の記事でも軽くコメントしましたが、改めて6164太陽工機の2017年度3Q決算を見ていきます。



概要

会社のIRページ
Yahooファイナンス

株価2,865円で、予想PER13.36倍、実績PBR2.0倍、時価総額85.33億円、配当利回り2.44%。
2Q発表後ここ3か月でかなり上がったけど、今後の成長を見込むのであればまずまずの水準。
というか、最近の決算を見ていると本当に割安な銘柄が少なく、業績が良くてPER10倍前半というのはあまり見つからない。

過去の決算分析記事

6164太陽工機 2017年度2Q決算分析①

6164太陽工機 2017年度2Q決算分析②

2017年度3Q決算


営業利益だと、1Q時点で前期比▲45%→2Q時点で前期比▲8%→今回+16%。
順調に伸びている。

売上高~営業利益及び利益率の推移


※17年度4Qは会社予想より算出。

2Qとほぼ同じ数字。前年同期比だと営業利益は2倍超。
全体的に問題ない内容。

製品別受注高及び売上高の推移

製品によって状況は異なり、直近は主力の立形研削盤が過去最高水準でダントツ強い。
他は普通かやや弱いけど、ウェイトを考えるとあまり気にしなくてよいかと。

月別の売上高及び受注高の推移

2016年から決算月が3月→12月に変わっているので、月別に直して整理。

月別の売上高の推移(表+グラフ)



10-12月(現4Q)は例年強いので、今の感じだと問題なく達成できると予想。

月別の受注高の推移(表+グラフ)


個人的にはここが今回の決算で一番光っていると感じたところ。
強烈に良かった前2Qを上回りここ数年で一番の受注高。
これを見る限り、当面の売上は期待できるかと。

Q&A資料より

決算と同時に出たQA資料から気になった所を抜粋。


受注は4Qも良さそう。通期100億だと4Qで24億で、その場合は2Q、3Qには及ばないが、その2期を除けば過去最高水準。


売上、利益共の計画達成が最低ライン。更なる増額を目指すとのこと。


来期は売上高10%増。利益率は今期並みの13.3%を最低ラインとのこと。
結果的に増配もほぼ確定

総合すると、今期・来期ともに問題ない内容だと考えます。
あとは株価推移を見て売り買いの判断をしていく予定。

この記事を見た人は10分以内にバナーをクリックしてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です。
↓↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です