「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」(尾原和啓氏)の感想・レビュー




著者は優秀なビジネスマンである尾原和啓氏。
現在と今後のテクノロジーの変化と、30代前後の人ターゲットにした、現状分析や今後の生き方や仕事のやり方について書かれた本。
個人的には自分の考えに近い箇所が多く参考になりつつも楽しく読めました。
量はそれなりにあるけど、読みやすく時間はあまりかからなかったです。


モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)



感想・レビュー

例えば、好きなことをして生きていくというのは色々な所で言われているけど、それだけではなく

「好きなことだけで生きていく」ことは、「That which you love(あなたが大好きなこと)」のことですよね。でもそれだけじゃなくて、実は「That which you are good at(あなたが得意なこと)」のことでもある。人は、自分が好きなことはいつまでも続けていられるものなので、やり続けているうちにそれが「好きなこと」=「得意なこと」に進化していくのです。

「好き」で「得意」で、かつ「必要とされ」「稼げる」といった単なる綺麗ごとではなく、現実的で納得感のある内容だと感じました。

この前レビューを書いたお金2.0の考え方が合う人にはこの本も合うと思います。
尾原氏自身が普通にベストセラー作家で、ずっとPrimeReadingで読めるか分からないので興味がある人はさくっとお読みくださいませ。


モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です