TOKAI HD(3167)株主優待「格安SIM(LIBMO)1年間無料」SIMカード到着~優待申込までの手順






TOKAI HD(3167)株主優待を使ったLIBMO(格安SIM)のSIMカード到着から優待申込までの手順について説明します

以下の前回記事では、TOKAI HDの優待を出来るだけオトクに使うための考察とLIBMOの契約申込までの手順について説明しました。

TOKAI HD(3167)株主優待「格安SIM(LIBMO)1年間無料」申込のポイントと手順

本記事では、申し込み後、SIMカードが届いてから優待を申込するまでの手順について説明をします。

優待申込に関する注意事項

基本的に手順に従えば問題なく開通&優待適用できると思いますが、優待を最大効率で使用するためには、開通の翌月から優待料金が適用されるのが望ましいです。

優待は申込&手続き完了の翌月から適用されることになっていますが、投函後手続き完了まではタイムラグがあるようなので、

月の出来るだけ早い時期に回線開通し、優待申込書を記入&投函

するのをお勧めします。

LIBMOのSIMカード到着~回線開通までの手順

①SIMカードが到着

申込から3日程度で「データ移行・初期設定ガイド」と「SIMカードが入ったパッケージ」が届きました。
写真の「富士山モバイル」パッケージは限定パッケージとのこと。

②(MNPの場合)電話で開通手続きを行う

・10:00-18:00(年中無休)の間に
・0120-27-1146

に電話をして、ガイダンスに従い「*9」→「①の裏面に書かれたSIM製造番号下4桁」をプッシュすることで受付が完了し、大体2~3時間くらいで開通完了します。

開通完了時点でMNP元になったSIMカードは使用不可になり、①で届いた新しいSIMカードが有効になります。

③新しいSIMカードをスマホに挿入し起動

開通完了を見計らい(元のSIMカードが無効になり電波も入らない状態になります)、スマホの電源を切った上で、①で届いた新しいSIMカードを使用するスマホに挿入し、電源をつけます。

④APNを設定する

Androidの場合は、設定メニューから以下のAPNの設定を行います。

・APN:libmo.jp
・パスワード:libmo
・ユーザ名:user@libmo
・認証タイプ:PAP,CHAPのいずれか

iPhoneの場合はWi-Fiで以下ページよりAPN構成プロファイルをインストールします。

以上で、とりあえずスマホは使えるようになります。
上手くつながらない場合は、以下サポートページで確認するか

サポート

LIBMOお客様センター「0120‐27‐1146」(10:00-18:00・年中無休)にご連絡下さい。

契約内容確認書到着~優待申込までの手順

優待申込には、SIMカードとは別の郵送で届く「契約内容確認書」に書かれたLIBMOのユーザIDが必要になります。

⑤契約内容確認書が到着

SIMカード到着後2~3日後、郵送で届いた契約内容確認書が届きます。

これに書かれた「ユーザID」(L+数字9桁)を確認します。

⑤株主優待申込書を記入・投函

TOKAI HDの株主優待申込書のハガキに

・「特別」欄に〇を付けて
・「特別コース LIBMOご契約の有無」は「有」に〇を付けて
・「LIBMOのユーザID」に⑤で確認したユーザID

を記入して、葉書を投函したら申し込みは完了です。
最初の注意点にも書いた通り、株主優待の申込手続き完了後、翌月から適用されますが、投函後手続き完了まではタイムラグがあるようなので、契約内容確認書が届いたら出来るだけ早めに申込するのをお勧めします。

おわりに

とりあえず私自身LIBMOの利用を開始していますが、元々使っていた格安SIMと比べて回線品質は悪くなく、快適に使えています。

計画通りいけば、7月開通で7月は料金発生、8月~翌年7月末まで優待で料金ほぼ無料、翌年8月以降は違約金無しで解約可能になる予定です。

まず1年使った後、新しいキャリアに移すか、利用継続するか考えようと思います。

あと今オプションで付いている「10分かけ放題」は、不要であれば優待適用終了後の来年8月から解約するのが理想だけど、解約日から使用不可&解約月も満額請求らしいので、12か月目優待を貰いつつ13か月目からオプションを外せるかはどっかで確認して、気が向いたらブログでも共有します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です