【2018年9月権利から】TOKAI HD(3167)株主優待「格安SIM(LIBMO)月額料金割引」サービス内容






【2018年9月末権利から】TOKAI HD(3167)に「格安SIM(LIBMO)月額料金割引」の株主優待が新設されました

2018年9月19日のIRで、新たに「格安SIM(LIBMO)月額料金」の株主優待が新設(PDFが開きます)されました。

2017年9月、2018年3月限定でLIBMOを1年ほぼ無料で使える優待がありましたが、それと比べると落ちはしますが、今後継続されるのであれば、かなり有用な優待だと思います。

以下、IR資料からの抜粋です。

割引額は保有株数毎に異なります。

【保有数毎の割引額】
・100株 :350円/月 割引(半年で2,100円)
・300株 :850円/月 割引(半年で5,100円)
・5000株:1,880円/月 割引(半年で11,280円)
※上記優待が年2回で、結果通年利用できると想定。

株価は約1100円、配当利回りは約2.5%なので、総合利回りだと以下のようになります。
※最新の株価はコチラ

・100株 なら、優待3.8%+配当2.5%=6.3%
・300株 なら、優待3.1%+配当2.5%=5.6%
・5000株なら、優待0.4%+配当2.5%=2.9%

という感じで、単純な利回りだと100株ですが、この優待を使うのであれば300株保有も全然アリな利回りだと思います。

優待内容を適用した場合の通信料金

現在のLIBMOの料金は以下の通りです。

300株優待を適用する場合(赤枠部分)

データ通信のみ3GBだと、月額30円(880-850)でほぼ無料になります。
通話+データ通信で3GBだと、月額730円(1580-850)で、メイン回線の通信費としてはかなりの安さです。

勿論、通信容量を3GBとしたり他サービス(10分カケホ)を使っても同様の割引がされます。

まあ、MNPやらキャンペーンやらを駆使して頑張れば、もっと安く運用できなくもないとは思いますが、優待さえとればほぼ労力をかけずにこの金額で運用できるのはかなり優位性があると思います。

優待利用に関する補足

IRに以下のコメントがあります。

要は新規契約者でも継続利用者でもこの優待は使えます。ということで、現在LIBMO優待を使っている方は、現優待が終わり次第、今回の優待に切り替えることが可能になると思われます。

以上、新たに新設されたLIBMO優待の内容でした。また、自身が利用する際は記事にしたいと思います。

※2017年9月、2018年3月権利の1年間ほぼ無料でLIBMOが使える優待については以下記事をご覧ください。

3167TOKAIホールディングスの株主優待「格安SIM/スマホサービス”LIBMO”1年間無料」サービス内容

TOKAI HD(3167)株主優待「格安SIM(LIBMO)1年間無料」申込のポイントと手順

TOKAI HD(3167)株主優待「格安SIM(LIBMO)1年間無料」SIMカード到着~優待申込までの手順




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です