自分が使っているおすすめのクレジットカード③(リクルートカード編)




エポスゴールド&プラチナイオンゴールドカードセレクトに続き、リクルートカードを紹介します。

このカードは年会費無料で還元率1.2%という基本スペックに加え、還元率が変わらずnanacoチャージ可能なことが他のカードには無い特徴になります。

ポイントはPontaとリクルートの共通ポイントになり、ローソンやポンパレモール、じゃらんといったポイントが使えるサービスを普段から使っている人にとっては特に使い勝手のよいカードだと思います。



リクルートカード

以下、個人的なお気に入りポイントを紹介していきます。

①年会費無料で還元率1.2%
②nanacoチャージでもポイントが付く

①年会費無料で還元率1.2%

以前は還元率が1.5%を超える無料カードも多くありましたが、昨今の改悪ラッシュで、

・誰でも取得でき
・年会費無料で
・使い方に関わらず
・通常払い(≠リボ払い)できる

カードでこの還元率は殆どないと思います。
還元されるPonta&リクルートポイントは現金に直接変えることは出来ないですが、ローソンと各種リクルートのサービス(ポンパレモール、じゃらん等)で利用したり、dポイント(1:1)、LINEポイント(1:0.83)、JALマイル(1:0.5)に替えることも可能です。
自分はポンパレモールかじゃらんで使うことが多いです。

②nanacoチャージでもポイントが付く

個人的にはこれが超重要です。
↓この記事でも書きましたが、

nanacoを使って税金支払いでポイントを獲得

nanacoを使えば税金支払いでもポイントが取得できる

nanacoチャージできるクレジットカードで最高還元率なのはリクルートカード

現状、nanacoチャージは1.2%どころか1%つくカードもないため、リクルートカードには出来るだけ、現状維持して頑張って貰いたいです。

カード申し込みについて

カードは公式サイトで申し込みをするより、ハピタス等のポイントサイト経由で申し込みをすると、プラスαのポイントが貰えてお得です。
2018年4月現在、リクルートカードは750円相当のポイントが追加で貰えます。
※貰えるポイントは時期によって変動します。

ハピタスに未登録の方は以下リンクからどうぞ。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

おわりに

ということで、税金やコンビニでの料金収納を行う場合は、nanaco+リクルートカードの組合せが最強だと思うので、お持ちでない方はセットで入手することをお勧めします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です