2018年4月パフォーマンス






4月のパフォーマンス

4月のパフォーマンスは+0.1%、年初来+4.8%になりました。(税引前・配当込)

主な売買は以下の通り。

新規買い:カッシーナ(2777)、クロスフォー(7810)、※※※※
買い増し:アップルインターナショナル(2788)
売り切り:NDS(1956)、中北製作所(6496)
優待クロス:HIS(9603)、伊藤園(2593)

NDSは上方修正だけど想定以下の着地だったので売り。
本決算はまだだけど、今期予想は保守的な数字を出してくるんじゃないかな。
当初ウェイト2位でそれなりに持っていたので結構食らいました。

中北も上方修正して決算数値自体も悪くないと思ったけど受注の落ち込みが気になったので売り。

新規買い&買い増しもしたけど、売った額に比べると少なめで、金額的にはここ数年で一番のキャッシュポジションに。
とりあえずGW中に色々とポートフォリオの見直しをする予定。

市況に関するコメント

株価的には少し落ち着いてきた感じ。
2017年度決算&2018年度計画もぼちぼち出てきていて、日経平均EPSを信じるのであれば今の時点ではまだ企業業績は落ち込んできてはいない。

個別企業の決算も大事だけど、今後の企業業績の方向性を把握するために各社が全体的に今期予想をどんな感じで出してくるかは注目していきたいところ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です