TOEICスコア200点台⇒600点までの道のり①【教材選び編】






英語から逃げ切った人生だったはずが・・・

ブログやツイッターに少し書いていましたが、今年転職をした会社の強烈なプレッシャーによりTOEICの勉強をしていました。

人生において英語は完全に捨てたつもりだったので、かなり厳しかったですが、この度無事にノルマを達成しました。

あまりブログのテーマとは関係ないですが、読者の中で今もしくは将来、同じような状況の人がいるかもしれないということで体験記を、

勉強開始当初の状況

大学受験以降英語を勉強することも触れることもなく、感覚的には中学レベルも怪しい状態でした。
三単現ってなんだっけ?レベル。

8月に英語の勉強を始め、最初に受けたTOEIC模試のスコアが280点。

TOEICは990点満点で3択~4択のマークシートなので全部勘で解いても取れるレベルのスコア。

実際に問題を見ても意味不明で勘で埋めたのが殆どだったので、まあそんな実力でした。

会社から与えられたノルマ

そんな状態で会社から与えられたノルマはTOEIC600点。

600点は全社員等しく必要な最低限のノルマになっており、これを取らないと評価が大幅に下がり、給与にも大幅に影響有というものでした。

TOEICの平均点が約580点なので、平均よりちょい出来ますレベルでめっちゃ高いハードルではないけど、200点台から600点台のスコアアップにがどのくらい大変か調べると・・・、

こんなのとか

こんなのとか

これを信じるなら、200点台から600点へのスコアアップは少なく見積もっても700時間以上かかることに。

更に約半年という期間からすると、1日平均4時間の勉強が必要なレベルということで、結構絶望感が強かったです。

どうやって勉強するかを考える

ぱっと思いつく勉強方法は

  • 参考書を買って独学
  • 通信教材を利用
  • スクールに通う

辺りですが、とりあえず独学のみは明らかに無理なので却下。

通信教材は10万円以下で評判が悪くないものもあるもの、現実的に通信教材だけで短期間でのスコア達成は厳しそうなので却下。

最後にスクールは、当然ではありますが最低でも30万以上で流石に高く、例えば結果にコミットしてくれそうなライザップENGLISHの場合はこんな感じ。

正直、ホントに結果が出るなら4か月コースの60万以上払ってもよいと思わなくもないくらいですが、流石にお高め。

他のスクールも評判が良いところは似たようなお値段。

そんな感じで悩みましたが、最終的には6ヶ月のパーソナルコーチが付いて98,000円のスタディサプリ・パーソナルコーチプランを選択しました。

個人的な考えとして、勉強の成果は、「学習の質×学習時間」だと思っており、スタディサプリは

  • パーソナルコーチが付いて学習プランの作成と学習管理してくれる
  • 教材は質の良さそうなものがオールインワンで揃っている

あたりがポイントだと考えて、

質の高い教材を使った、自分にあった学習プランを作ってもらえることから、何をすればよいか分からない自分にとっての学習の質は良さそう。

また、毎日学習報告させられるプレッシャーにより、結果的にスクール通学以上に学習時間が確保できる可能性が高そう。

結果、「学習の質」と「学習時間」が共にスクールと遜色ないレベルで確保できそうと判断して購入を決めました。

スタディサプリを使った学習結果

結果的には、

  1. 08月に受けた模試:280点
  2. 09月に受けた試験:350点
  3. 10月に受けた試験:490点
  4. 11月に受けた試験:610点

という感じで、約3か月でとりあえずのノルマは達成できました。

具体的にどうやって学習をしていったかは次の記事に書きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です