2018年2月パフォーマンス






2月のパフォーマンス

2月のパフォーマンスは+4.0%、年初来7.5%になりました。(税引前・配当込)

主な売買は以下の通り。
新規買い:フランスベッドHD(7840)、GMOインターネット(9449)、英和(9857)、JT(2914)、※※※※
売り切り:ウエストHD(1407)、ニュートンFC(7169)、イデアインターナショナル(3140)、立花エレテック(8159)
一部売り:アップルインターナショナル(2788)
優待クロス:DCM HD(3050)、Jフロント(3086)、ドトル日レスHD(3087)、ウエルシアHD(3141)、USMH(3222)、コーナン商事(7516)、パルコ(8251)、イオン(8267)、イオンモール(8905)、イオンディライト(9787)、ミニストップ(9946)、アークス(9948)

2/3(土)にセミナー講師をやらせて貰ったけど、そこが天井にならなくて良かった・・・。

月次プラスなのはアップルインターナショナル(2788)の貢献が大きい。
アップルを売って出来たキャッシュはほぼそのままになっているので、何か良いのがあれば次の主力として買っていきたい。
アップルが更に下げるようなら買い戻しても良いけど。

あと2月中旬以降はそこそこブログが書けたので、引続き3月もそれなりに更新していきたい。

ブログランキング参加中です。クリックお願いします!
↓↓↓




5 件のコメント

  • JTは私も試しに買ってみましたが早速、含み損になってしまいました。
    買った後に少し調べて見ましたが1本12円台のたばこ税が2年半?位の感覚で1円ずつ引き上げられて15円台になるのがほぼ決まっているようです。

    加熱式たばこも今は低税率ですが二段階で引き上げて他のたばこ税と同じにするとか。

    仮に税率が引き上げられて消費が落ち込むなら業績は今がピークで配当の維持は厳しいかも?とかの可能性も考えて追加はしないで様子見してみます。

    • 金額間違ってました。
      正しくは
      2018/10
      2020/10
      2021/10
      で1円ずつ増税

      加熱式は2022年まで10月に毎年増税

      3級品は4月と来年4月に増税

      です。訂正致します。

      増税のペースに海外の伸びが追い付かない気がします。

      • 先行きはあまり、、、ですね。
        小型だったら配当+優待利回り的に下は限定的なところだと思うのですが、大型株はよくわからんですな。
        多少業績が良くなくても株主還元が落ち込まなければ、長期的に大損することはないかな、という感じですかね。

        • 軽く調べて見たのですが下げが加速したのが2/6付けで決算が発表されてから。

          今までは増益が続いて前期は減益に。
          会社の今期予想が四季報より営業利益が200億程度下回る横ばい。

          それに増税が続くと考えると消費の増加は難しく来期も減益になる可能性もある気がしてきました。
          そうなると一株益から考えると更なる増配は難しく、なおかつ株式の値上がりも厳しく受益が期待出来るのは配当のみ。

          更に外部環境は金利が上昇傾向で日経株価も波乱があり安定しておらず配当目当ての買いは時期が悪い。
          といった状況だと思いますが別に悪い株では無いと思いますし高配当銘柄としては魅力的に上位に入る企業だと思うので買い増しも視野に様子見継続していきます。

          • そうですね。配当銘柄としては相対的に良い銘柄だと思います。
            某家具屋みたいにタコ配というわけでもないですしね。
            増配の期待まではしないですが、現状維持、もしくは微減くらいに留めてくれれば、配当+優待を貰いながら年単位で当分保有していてもよいかな、と思っています。
            今後下げ相場が来たとしても、配当がある程度維持されれば半額とかにはならないだろうし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です