【2019年8月~12月】JCBカード スマホ決済(Apple Pay、Google Pay)で20%還元キャンペーン【実質上限なし】




<script>” title=”<script>

<script>

JCBカード&スマホ決済(Apple Pay、Google Pay)で20%還元されるキャンペーンが開催されます

20%還元は沢山ありますが、その中でも使い勝手のよいキャンペーンだと思います。
キャンペーンサイト
キャンペーンエントリーページ

キャンペーンの内容

キャンペーン概要

  • JCBカードをApple Pay、またはGoogle Payのスマホに設定して、キャンペーンに登録した上で、支払いを行うと20%キャッシュバック(口座振込)
  • キャンペーン対象:QUICPay(クイックペイ)TM加盟店
  • キャンペーン期間:2019年8月16日(金)~2019年12月15日(日)
  • 還元金額:利用額の20%(最大1万円)

カード毎に集計されるので、JCBカードを複数使えば、枚数分×1万円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

注意事項

①還元対象になるのは、QUICPay(クイックペイ)TM加盟店になります。

Apple payとGoogle payはそれぞれ以下の加盟店で使えますが、対象となるのはQUICPay加盟店のみになります。

【参考】Apple Payで使える電子マネー

  • Apple pay
  • iD
  • QUICPay
  • Suica

【参考】Google Payで使える電子マネー

  • Suica
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
  • QUICPay
  • iD

比率でいうと、QUICPay加盟店の割合が多いですが、Suicaチャージ・オンラインショップなどのご利用分は対象とならないためご注意ください。

ただ、例えばディズニーランド&ディズニーシー内のショップでの支払いに使えるなど、何とかペイに比べると圧倒的に使い道は広いです。

②JCBブランドでも使えないカードもあります

例えば、カード単体で20%還元を行っているイオンカードは残念ながらJCBでも利用できません。
他には、メジャーどこだと楽天カードやYahoo!Japanカードも利用できませんでした。

キャンペーン対象となるカード発行会社はコチラのリンク先をご覧ください。

③古い機種や格安スマホだと、スマホ決済が使えません

参加の前提がスマホ払いになるため、利用している端末によってはキャンペーンに参加できません。

  • iPhoneの場合は、iPhone7以降の機種でないとApple payのを使えまえせん。
  • Androidの場合も、おサイフケータイ対応が必須で、海外製の端末は使えないケースが多いです。

(QUICPay利用に必要なFeliCa自体日本以外に普及していないため)

対象カードを発行する場合のお勧め

手元に対象カードがある場合は、まずそれを使うのが良いと思いますが、良いカードがない場合は以下のカードがお勧めです。

カード発行の際は公式サイトから申し込むのではなく、ポイントサイト経由で発行すると、現金やマイルに交換できるポイントを貰えるのでオトクです。
※ポイ活についてはこちらの記事に記載しています。

①ANA JCB一般カード(ソラチカカード)


新規発行でポイントサイトで7,500円相当カード公式キャンペーンで最大36,100マイル相当が貰えます。
※現在ポイントサイトの中ですぐたまが還元額が一番高いです。
(2マイル=1円相当のため、15000マイル=7500円相当)

また、ソラチカカードは2年目以降2000円の年会費がかかりますが(代わりに1000マイル貰えます)、ANAマイルを大量に貯める上では必須のカードなので、未保有でマイルに興味がある人は検討をお勧めします。

②リクルートカード


リクルートカードは年会費無料で還元率1.2%の高還元カードになります。

発行時に貰えるのは、ポイントサイト600円相当+カード公式キャンペーンで最大6,000円相当と、そこまで高くないですが、普段使いとしても優秀なので、メインカード候補として発行しても良いと思います。

すぐたま未登録の方は以下から登録をすると600マイル(300円相当)が貰えます。
 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

以上、かなり広い用途で比較的簡単に20%還元を受けることが出来るので、スマホ決済が出来る方はご利用ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください