2019年3月パフォーマンス




<script>” title=”<script>

<script>

2019年3月のパフォーマンス

2019年2月のパフォーマンスは-0.4%、年初来+4.5%になりました。(税引前・配当込)

相変わらずパフォーマンスはイマイチ。
売買はほぼ優待クロスのみ。

  • エディオン(2730)
  • なとり(2922)
  • 三越伊勢丹ホールディングス(3099)
  • マクニカ・富士エレホールディングス(3132)
  • プレサンスコーポレーション(3254)
  • サンマルクホールディングス(3395)
  • 大日本塗料(4611)
  • ファルコホールディングス(4671)
  • ラウンドワン(4680)
  • リゾートトラスト(4681)
  • 新田ゼラチン(4977)
  • ホッカンホールディングス(5902)
  • ジーテクト(5970)
  • 帝国電機製作所(6333)
  • 平和(6412)
  • エレコム(6750)
  • アイコム(6820)
  • 三菱ロジスネクスト(7105)
  • 全国保証(7164)
  • タチエス(7239)
  • 河西工業(7256)
  • エクセディ(7278)
  • ノジマ(7419)
  • カッパ・クリエイト(7421)
  • コンドーテック(7438)
  • 松田産業(7456)
  • 第一興商(7458)
  • ゼンショーホールディングス(7550)
  • ユナイテッドアローズ(7606)
  • コロワイド(7616)
  • ゼビオホールディングス(8281)
  • 四国銀行(8387)
  • 興銀リース(8425)
  • NECキャピタルソリューション(8793)
  • 西武ホールディングス(9024)
  • 近鉄グループホールディングス(9041)
  • 南海電気鉄道(9044)
  • JAL(9201)
  • ANAホールディングス(9202)
  • 総合メディカルホールディングス(9277)
  • KDDI(9433)
  • 日本空港ビルデング(9706)
  • 松屋フーズホールディングス(9887)
  • 日伝(9902)

今月末のポジションでGWに突入し、その後即決算ラッシュになるので、ポジション量はともかく、銘柄の精査はもうよっときちっとやっていきたい。

今回久々にJASDAQ指数が3か月連続プラスになったので、同じくJASDAQ指数の3か月連続プラスを調べたところ、2005年以降で今回を除き9回。その内、翌月もプラスだったのが7回、マイナスだったのが2回と単純な確率的には強い方向。
ただやっぱり企業業績的にはあまり強気にはなれない所。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください